瀬戸内海 島巡り やっぱり同級生

2017年も11月になりました。旅行まで1週間です。
12名の参加となりました。
多くの参加申請ありがとうございました。楽しい旅行にしたいと思います。

今年はやっぱり同級生設立の原点になった「二十四の瞳」の舞台 小豆島をメインに瀬戸内海島巡りの旅に出たいと思います。
期間は11月23日(木)〜25日(土)の3日間です。



香川県は全国で一番小さな県です。
島の数は116もあります。(全国18位)
ちなみに1位は長崎県で2位は鹿児島県でした。

コミュの聖地でもある小豆島は香川県で一番大きな島で
初代管理人のさっちゃんの家から見えるそうです。
さっちゃんも復帰して新たな1年、まだお会いしていない同級生との交流が進む年にしたいと思います。

香川県には24の有人島が有ります。



「やっぱり同級生」History

やっぱり同級生は香川県のさっちゃんが2009年の5月に立ち上げたコミュです。

小豆島を舞台にした壺井栄の小説『二十四の瞳』をヒントにして同級生という括りで
全国から会員を募集したのです。 初期のコミュの画像は映画の写真が使われていました。
現在の画像は転校した、PCの得意な まぜもの君が作成してくれたものです。

当初は定員はありませんでしたが、あまり多くても当初のコミュの設立趣旨から外れるという事で
議論の末50名という人数に収まりました。

これは学校でいう1クラスを想定しています。
他のコミュのように年度でくくっているものではありませんので
1954年の4月から1955年の3月生まれまでがコミュ加入の条件になっています。

同時代を経験したクラス仲間と言う意味合いです。
なのでまったく面識がなくても直ぐに打ち解ける事が出来ると思います。

残念ながら家庭の事情で初代のさっちゃんが転校されて、私が引き継ぐ事になりました。
宴会とPC担当というピカ君(初期メンバー)の命によって役割を担ってきた私が指名されたのです。
2009年の10月に初めて東京駅近くのホテルでオフ会を実施してから7年が経過しました。
PCの画面から抜け出して、初めてリアルで会った感激は忘れられません。

2009年に愛知でもオフ会が実施され、関東も毎年定期的に会を重ねてきました。

2014年の9月と2015年の4月には還暦イベントとして熱海と京都で
泊まりの全国規模のオフ会を実施する事が出来ました。

熱海では佐渡からのライブ出演を含めて16名。
京都では九州からの参加もあり20名という人数が集まりました。
2020年のオリンピックには全員参加のオフ会を是非実現させたいなと思っています。(願望)

しかしPC時代もリアルで会ってからも、色々問題があり順風満帆できたわけではありません。
現実の人間関係そのまま多くの同級生が転校していきました。
でもその結果残ったメンバーの絆は強くなったと思います。
出来れば転校がなく同じメンバーで一生を終われればと思っています。

今後とも皆さんの応援をよろしくお願いします。

※ 2017年 転校先からさっちゃんが帰ってきました!

早わかり香川



小豆島



直島